正しいシャンプーやトリートメントの仕方は?乾かし方も!

さて、今回もまた美容師である私がヘアケアについて解説します!

正しいシャンプーの仕方は?

シャンプーをする際は、摩擦やすすぎ残しとか、ちょっとしたことが髪のダメージにつながります。

ここで特に気をつけたいのが

・シャンプーの泡立て方
・すすぎ方
・コンディショナーのつけ方

の3つです。

しっとりした洗い上がりのシャンプー&コンディショナーを使って、髪のうるおいを保っていただきたいところです。

また、激しい摩擦は避けて下さい。

頭皮の汚れを落としやすくするためにも、手のひらでしっかり泡立ててから洗うことが大切です。

シャンプーにお湯と空気を含ませて混ぜると、うまく泡ができます。

ゴシゴシ強く洗うのではなく、指の腹で頭皮を揉むように洗うようにして下さいね。

もし、すすぎが足りないと頭皮にシャンプーや汚れが残り、トラブルの原因になります。

洗い流す時間のベストは【3分】です。

少し長く感じるかもしれませんが、清潔な頭皮を保つためにぜひとも意識して下さい。

髪を洗う時は、38℃くらいのぬるま湯がおすすめです。

もし熱いお湯だと必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮が乾燥する原因になります。

ですので、ぬるめのお湯で洗い流すようにして下さい。

そして一度流したあとに、襟足や首の後ろなど、すすぎ残しやすい部分をもう一度丁寧に洗い流すのがベストです。

コンディショナーを使う時は、髪が傷みやすい【中間~毛先】につけるようにしましょう。

その後、残ったコンディショナーを髪全体になじませる感じにしましょう。

コンディショナーもシャンプーと同じで、洗い残しがあると頭皮ダメージにつながる可能性があります。

しっかり洗い流すことも忘れずにして下さい。

正しい髪の乾かし方は?

水分を含んだ髪は、キューティクルが特に傷つきやすい状態です。

そのため、髪を乾かす時はタオルドライを十分に行うことが大事です。

また根元から毛先の順にドライヤーをあてるのを意識して下さい。

もし髪のダメージが大きいなら、洗い流さないトリートメントなどを使ってから乾かすのもありです。

ドライヤーの前にタオルドライをして水気をふき取ることで、ドライヤーの時間が短縮できます。

しかも熱によるダメージも大幅ダウン!

タオルドライする時は、髪をこするのではなく、タオルに挟んでやさしく押さえるようにしましょう。

ドライヤーは髪から10センチ(だいたい親指と人差し指を軽く広げた程度)以上離して使うようにして下さい。

まずは髪の根元を中心に乾かし、そして根元に行きわたるように、中に指を通して、髪を動かすようにしましょう。

半乾きの状態になったら、毛先まで乾かしていくという順番です。

乾いた後もドライヤーを当て続けてしまうと、髪が乾燥しパサつく原因になるため、それには気をつけて下さい。

また、髪が完全に乾いた状態でブローを始めてしまうと熱のダメージで傷んでしまうため、8~9割乾いた状態で行うようにしましょう。

おすすめの記事