Kindleでの電子書籍の出版方法は?簡単?難しい?

あなたは「自分の本」を出版することに興味はありませんか?

そう、私は既に何冊か出版しています。

「Amazon Kindle」の電子書籍です!

そこで、今回はKindleで電子書籍を出版する方法をお話しします!

電子書籍を出版したい人

「Kindleで電子書籍を出版するのって難しいんですか?」

とたまに聞かれます。

確かに、電子書籍を出版した経験がないとよくわかりませんよね。

私は2017年に初めて出版したのですが、当時はとても難しく、「アカウント取得代行」のサービスも多く、私もそれに頼みました。

ただ、2021年現在、本当に便利になりました。

「KDP」というもので驚くほど簡単に電子書籍の出版ができてしまいます。

Amazonでは「Amazon Kindle Direct Publishing」というサービスを使って電子書籍を出版することになります。

実際に電子書籍を出版する手順としては

1.「Kindle本の詳細」を入力
2.「Kindle本のコンテンツ」を入力
3.「Kindle本の価格設定」を入力

といった流れで、電子書籍のデータを入力、入稿します。

今までは書籍を出版しようとすると、

・大手出版社から声がかかる
・エージェントを利用する
・ブログやSNSで地道に発信を続ける。
・大金を支払って自費出版する。

くらいしか道はありませんでした。

書籍の出版はかなりハードルの高かったですね。

しかし!

電子書籍の登場で、書く内容さえあれば、書籍を出版できる時代になりました。

電子書籍の市場規模は紙の書籍にはまだ及ばないものの、2022年度には3,500億円の市場規模になるとも予想されています。

ペーパーレス化の流れも進んでいることから、今後ますます電子書籍は普及していくと考えられますね。

現在、AmazonのKindleストアでは約70万点以上の電子書籍が販売されています。

これから市場はどんどん拡大していくでしょう。

ぜひ、あなたもKindleで電子書籍を出版してみてもらえればと思います!

⇒こちら私の書籍特設サイト

 

おすすめの記事