Cポンのビジネスモデルは?

まず「Cポン」の利用者が加盟店舗で20%オフを受けられる理由ですが、公式サイトには

利用された「Cポン」は円換算し70%以上で買取ります。

30%のうち、20%はお客様値引き分、10%が手数料です。

KOC・JAPANはこの10パーセントであらゆる販促を仕掛け、店舗様に代わって広い範囲に広告宣伝を仕掛け続けます。

また、利用された「Cポン」は仕入に使うことも出来ます。

という記載があります。

これを数字を例に解説すると

  1. 利用者が「Cポン」で10,000円分の支払いをする
  2. 支払いをされた加盟店は、KOC・JAPAN株式会社に「Cポン」を7000円以上で買い取ってもらう
  3. 残りの3,000円のうち、2,000円は値引き分で、1,000円は広告宣伝費用と運営会社の利益になる

といった感じです。

少し複雑に感じるかもしれませんが、要は「利用者は20%オフ」を受けることができ、「加盟店は広告宣伝費の節約」ができ、「運営会社は手数料による利益が入る」がというわけですね。

この構図から「Cポン」はしっかりとしたビジネスモデルが成り立っています。

「Cポン」のビジネスモデルは、海外(香港)で成功しているものとほぼ同じなので、日本でもこれから人気が出る可能性が高いと言えるでしょう。

⇒Cポンの詳細はこちら

Cポンの友達紹介システムとは?

Cポンには友達紹介システムがあります。

お友達に「Cポン」を紹介して登録にするとお互いに「400Cポン」ずつ獲得することができるのです。

また、この友達紹介制度については「マルチ商法ではないか?」などと怪しく思われている節もあるようです。

しかし、友達紹介制度は「メルカリ」などのフリマアプリや、主要のポイントサイトなどのプラットフォームで導入されている制度になっています。

また、大きな利点としては、紹介する側だけでなく紹介を受ける側も同様の紹介特典を受けることができるところでしょう。

紹介される側が損をするということはありませんので、ここは心配する必要はないでしょう。

⇒Cポンの詳細はこちら

Cポンの口コミや評判は?

さまざまなところでCポンの口コミや評判を探した結果、利用者側の悪評などは現時点では特に見当たりませんでした

運営開始から日が浅いため、まだ利用していない人が多いのもあるとも思います。

これについては「加盟店舗が少ない」「商品が少ない」といった声は聞かれましたが、今後の加盟店拡大やCポンモールのグランドオープンによって改善する事が期待できます。

ネット上にある悪評だったり、「怪しい?」などの声は、まだサービス開始から日が浅く、認知度が低いためだと考えられます。

また、Cポンを紹介している人が怪しそうだったら怪しく見えるわけで、それはどれでも同じことが言えるでしょう。

ですので、サービスを利用する上では特に心配する必要はないでしょう。

Cポンのまとめ

Cポンは、事前にチャージしておくと、加盟店でのお支払いを20%割引してくれるお得なサービスです。

対象店舗は首都圏を中心にどんどん拡大していて、「Cポンモール」でのお買い物にも利用できるため、近くに対象店舗がなくても利用が可能です。

メリットがとても多いので、ぜひこの機会に登録をしてみてはいかがでしょうか?

↓↓↓

⇒Cポンの詳細はこちら

400円分もらえます!

おすすめの記事