なぜ売れない?売れないホストと売れるホストの少しの違い!

ホストになりたての頃に売れないのは当然のことです。

しかし、ホストの仕事を真剣に続けているのにも関わらず

「半年~1年以上も全く売れずに結果が出ない」

ということは、結構深刻な問題です。

もし、真面目にきちんと努力しているつもりなのに結果が出ないという場合は、努力の方向性が間違っている可能性があります。

売れないホストが失敗しやすく、気をつけたほうが良い点を簡単に話します。

もし、ひとつでも当てはまっている場合は、ぜひ修正して下さい!

お客さまへの連絡がルーズである

お客さまへの連絡がルーズだったり、返信が遅いなどはありがちな事です。

しかし、売れるためにはできる限り避けて下さい。

もし売れていないのであれば

「少し遅いくらいがちょうど良いかな」
「ちょっとくらい焦らした方が良い」

などの考えは、一切捨てましょう。

関係が深くなってからならともかくとして、基本的に連絡はマメなほど良いです。

もちろん返信も早ければ早いほど良いと考えて下さい。

誰にでも同じような文章を送りがち

みんなと同じような文章を送ってしまうのは、やってしまう人が多いです。

お客さま一人ひとりに合った文章を送るほうが絶対に印象が良いです。

特に売れていない場合はお客さまの数も多くないでしょうから、一人にかけられる時間が長いはずです。

一人ひとりに合った文面を考えたり書いたりするのは大変ですが、その労力が売り上げを大きく左右することになるのです。

体型や体調の管理が甘い

ホストというのは『自分自身が商品』です。

これを意識できていないと売れることは難しいでしょう。

どうしてもお酒を飲む量は多くなるため、体型や体調が崩れやすくなります。

しかし、それをしっかりと管理できるホストが売れていきます。

痩せすぎや、太りすぎよりは、引き締まった身体のほうが確実に見た目の印象も良いに決まっています。

ですので、体調管理もあわせて、日常生活である程度鍛えることを強くおすすめします。

新規顧客開拓の手を止めてしまう

これは、ある程度売れてきて、固定のお客さまが何人か付いた時にやりがちです。

固定のお客さまに掛かりきりになり、新規顧客の開拓に手が回らなくなることもあります。

忙しいとは思いますが、ここで新規顧客の開拓を止めてしまうのは気をつけて下さい。

いくら関係性が深くなり、長く続いたお客さまであっても、突然お店に来なくなることはよくある話です。

そのため、新規のお客さまの開拓は常に続けていきましょう。

まとめ

以上、簡易的な注意点でしたが、実はこれらができていないホストは意外と多くいます。

売れていれば話は別ですが、もしまだ売れていない場合は、最低でもこの4点だけは意識して取り組んでみて下さいね!

おすすめの記事